読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明後日のアメリカの利上げで景色は一変する

つれづれです。


ドル円、日経平均などはかなり良いレベルまでリバウンドしました。


不思議と、誰もこの過熱感を指摘しませんね。おかしなものです。


いつ急落してもおかしくありません。


ただし、急落前に一時的に急騰する可能性はあります。


アメリカの大統領選挙は今年の11月ですが、これまでの経過では、選挙の直前では利上げは積極的ではありません。


相場が静寂を取り戻している今、FRBはかなりの確率で利上げに踏み切るでしょう。


そして、当分は利上げできません。むしろ利下げする可能性が高くなります。


市場はそれを読んで、予想外の利上げによるリスクオフの円高と、利下げを見込んだドル安の大波がやってくるでしょう。


固唾を飲んで、その瞬間を待とうではありませんか。


明日の日銀の金融政策決定会合など霞んでしまうことでしょう。









PR